スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重要】6月より淀川区で訪問型病児保育に最大4万8千円の利用補助が出ます!

みなさまこんにちは。スタッフの鈴木です。

本日は大切なお知らせです。

この度、6月より大阪市淀川区で、訪問型病児保育・病後児保育補助事業がスタートしました。

淀川区民の方が、訪問型の病児・病後児保育を利用すると
お子さま1人あたり最大48,400円が補助されます!


もちろんノーベルを利用される方にも適用されます!

▼淀川区ホームページはこちら
http://www.city.osaka.lg.jp/yodogawa/page/0000219704.html


病児保育は今まで施設型にしか補助金が下りず、
訪問型、しかも利用者に対して補助が出るのは、関西では初めてのこと
所得制限を設けるということで見ると全国で初めてになります

■ 対象は、住民税課税額の合計が10万円未満の世帯です 
(→年収400万円以下程度のようです)

■ 今回のこの補助事業は、今年6月から11月末までの試行実施で、
 多くの方々に活用されれば、来年度からの本格実施となります。



普段はお子さまを保育園に預けて

子育てと仕事を両立されているご家庭はたくさんありますよね。

ですが子どもが急に熱を出して保育園に預ける事ができない。

今まで、仕事を休んで子どもを看るしか無かった。

仕事の欠勤が続いて職場で気まずい思いをされていた方もいらっしゃると思います。

時には退職を迫られる話も聞いたことがあります。

今回、淀川区のこの利用者補助の制度を活用することで

経済的な理由で訪問型病児保育なんか検討した事も無かった方、

ノーベルの説明会に参加してが、利用料がネックで断念したという方、

そういった本当に病児保育を必要としている方々に、利用していただけるチャンスだと思っています。


■ノーベルの訪問型病児保育の特徴は
----------------

当日朝8時迄の予約であれば100パーセントお預かりする

----------------

ということです。

絶対来てくれるという安心感でノーベルの

訪問型病児保育を選んでくださるご家庭も多いです。

ノーベル以外の他事業者さまも登録されていますので

ご家庭のご状況にあった事業者をご検討頂ければと思います。


▼淀川区ホームページ:利用登録案内はこちら
http://www.city.osaka.lg.jp/yodogawa/page/0000219704.html

現在、淀川区では病児を預かってくれる施設がありません。

淀川区ではたくさんの赤ちゃんが誕生していますが

その内、2割~3割の方が転出してしまうそうです。


今回の制度が淀川区民の皆さんにしっかりと活用され、

価値ある子育て支援になる事を願っています。

そして、淀川区が子育てと仕事の両立がしやすい街になりますように!

私たちノーベルも行政の方々と連携をしっかりとって進めていきたいと思います。


*この制度の利用には、事前登録が必要です。
 登録から利用までの流れなど詳細は、後日お知らせしますね☆



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
♪ 随時HPにて、ノーベルの最新情報をUPしています。
http://nponobel.jp/

♪ 利用希望者向け説明会に申し込みたい!という方は↓
http://nponobel.jp/service/orientation/

♪ 保育スタッフとして働きたい!という方は↓
http://nponobel.jp/about/recruit_staff/

♪吹田市南部に提供エリア拡大決定!!
江坂・吹田・豊津駅周辺 詳細は↓
http://nponobel.jp/service/area/

♪ その他ノーベルのサービスご提供エリアはコチラ↓
大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区
淀川区・港区・鶴見区・浪速区・東成区・東淀川区・西淀川区
西成区・住之江区・大正区・阿倍野区

ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。
ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。