スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【求人】病児保育提供エリア拡大につき、保育スタッフ大募集中です!

皆さま、こんにちは☆
広報の鈴木です。

そろそろゴールデンウィークの予定が決まったころでしょか~。

現在ノーベルでは、病児保育出動要請のお声が多く
出動、繁忙期~~~~!!
入園して慣れない環境での緊張がたまり、体調を崩されるお子さまが多いようです。

現状を目の当たりにされて「困った~!!」
と思われる親御さんからも問合せを多くいただいています。

ノーベルの病児保育は100パーセントお預かりを約束しています。

なので、必要とする方にご入会いただくには、
保育スタッフを採用していかないといけないのです!!


是非とも、保育スタッフとして親御さんの
「困った」を「安心」に変える一員になりませんか。

そして、子育て社会の仕組みを変えていきませんか?

そんな方は、ぜひぜひ下記URLからお問い合わせください。
---------------------------
▼ノーベルの保育の様子
http://nponobel.jp/about/recruit_staff/

▼ノーベル採用・募集要項
http://nponobel.jp/about/recruit_staff/recruit_point/

▼応募フォーム
http://nponobel.jp/contact/contact_staff/
---------------------------

私自身、保育スタッフとして保育に出動するようになり1ヶ月、2ヶ月は緊張しっぱなし。
会員さんのお宅に向う電車の中はそわそわ・・。

事務作業も、戸惑う事ばかり・・・電話応対経験ほぼ無しから始まり
電話が鳴るたび、変な汗もたくさんかきました・・今もですが(笑)

ですが、回数を重ねていく事で少しずつ周りも見えるようになりました。

自分のしている事が社会を変えるかもしれない!!

ノーベルを応援してくださっている皆さんのお声を聞くたびに勇気付けられ
未来に繋がっている活動をしている、そんな夢を持てるそんな職場だと感じました。

保育出動では会員さんとお話する機会も増えてきました。

「お姑さんが協力してくれるけど、お姑さんもまだ仕事してるから・・・。」
「会社休ませてもらっていたけれど、連続・・すぎるのも。」
「出張なので厳しいんです。」


会員さんからよくこんな話をよく聞きます。
でも考えてみると誰でも当てはまるよくある話です。

お子さんが病気になるたびに「どうしよう」
と悩んでいる親御さんがたくさんいらっしゃると思います。

子どもは熱を出すのは当たり前!!
それを成長過程の一つとして当たり前に受け入れられる
社会になるよう力を貸して頂ける方からのご応募お待ちしています。

どうぞよろしくお願いします。

保育スタッフは週1・2回からの勤務でもOK、
子育て経験のみでも研修をしっかり行いますので、応募可能です。

---------------------------
▼ノーベルの保育の様子
http://nponobel.jp/about/recruit_staff/

▼ノーベル採用・募集要項
http://nponobel.jp/about/recruit_staff/recruit_point/

▼応募フォーム
http://nponobel.jp/contact/contact_staff/
---------------------------
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
♪ 随時HPにて、ノーベルの最新情報をUPしています。
http://nponobel.jp/

♪ 利用希望者向け説明会に申し込みたい!という方は↓
http://nponobel.jp/service/orientation/

♪ 保育スタッフとして働きたい!という方は↓
http://nponobel.jp/about/recruit_staff/

♪吹田市南部に提供エリア拡大決定!!
江坂・吹田・豊津駅周辺 詳細は↓
http://nponobel.jp/service/area/

♪ その他ノーベルのサービスご提供エリアはコチラ↓
大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区
淀川区・港区・鶴見区・浪速区・東成区・東淀川区・西淀川区
西成区・住之江区・大正区・阿倍野区

ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。
ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。