スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【祝】大阪市きらめき企業賞を受賞いたしました!

皆さん、こんにちは。広報の吉田です。
本日は嬉しいご報告です!

この度、ノーベルは
平成24年度「大阪市きらめき企業賞」を受賞いたしました!


賞状


▼大阪市きらめき企業賞とは
http://www.creo-osaka.or.jp/kirameki/index.html
男女共同参画推進の一環として、働く人の個性と能力を十分に発揮することができる
職場づくりに向けて、効果的な取組みを進めている市内の中小企業等を表彰しているものです。


昨日、大阪市役所にて授賞式が行われ、橋下徹市長じきじきに表彰状がいただきました!
賞状もらう

市長と各受賞企業の代表者さんと談笑の場面などもあり、和やかな雰囲気で授賞式は進みました。

IMG_3348.jpg IMG_3339.jpg 談笑


今回、ノーベルは下記のような取り組みを評価いただきました。
-----------------------------------------------------------
【1】各事業部・全スタッフが抱えているタスクに緊急度・重要度を加えたリストを作成し、
   「見える化」し、業務の効率化、助け合いを図っている

【2】1つの業務を必ず2人が担当し、突発休などの際にもスタッフ間で助け合う仕組みを作っている

【3】職種によって在宅勤務制度を導入し、家庭と仕事の両立を支援している

-----------------------------------------------------------

ノーベルでは、スタッフ全員が女性で、育児や介護をしているスタッフも多いです。
そして、本部スタッフは全員、保育にも出動しているので、
病児保育の出動状況によって、事務業務が進められないこともあるので、
スタッフ同士で助け合うことが、必須となってきます。

そんなときに、どれだけミスなく効率的に情報共有ができるかが肝となるので、
上記のような仕組みをつくり、運用していくこととなりました。


そして、このような仕組みを導入するにあたり、サポートしてくださっているのが、
以前もご紹介させていただいたことのある、NPO法人ArrowArrowの堀江さんです。

▼NPO法人ArrowArrow(アローアロー)についてはこちら
http://arrowarrow.org/

上記の仕組み以外に、実は今まさにノーベルの評価制度や育成制度の設計に携わり、
私たち現場スタッフの声を集めながら、カタチにしようと動いてくださっています。

私たちノーベルは現在、女性ばかりの職場です。
しかも、妊娠・出産、育児・介護、皆それぞれ様々なライフステージに身を置いて働いています。
時間制約も多いし、世間的には働きにくい(雇いにくい!?)者ばかりかもしれません。

そして、まだ設立4年目に突入したばかりのNPOで、両立支援に金銭的支援を行うような、
財力ももちろん持ち合わせていません。

でも、だからこそ、工夫次第で、
家庭と仕事の両立を図れる働きやすい職場が作れるということ、
そしてもちろん、そこで働く個人が成長し、組織も成長していけるということを、
チャレンジして、証明していきたいと思っています!!


今後もノーベルは、助け合いの風土を大切にしながら、
チャレンジしていきますので、乞うご期待ください!
そして引き続き、応援どうぞよろしくお願いいたします。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
♪ 随時HPにて、ノーベルの最新情報をUPしています。
http://nponobel.jp/

♪ 利用希望者向け説明会に申し込みたい!という方は↓
http://nponobel.jp/service/orientation/

♪ 保育スタッフとして働きたい!という方は↓
http://nponobel.jp/about/recruit_staff/

♪吹田市南部に提供エリア拡大決定!!
江坂・吹田・豊津駅周辺 詳細は↓
http://nponobel.jp/service/area/

♪ その他ノーベルのサービスご提供エリアはコチラ↓
大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区
淀川区・港区・鶴見区・浪速区・東成区・東淀川区・西淀川区
西成区・住之江区・大正区・阿倍野区

ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。
ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。