スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新保育スタッフのご紹介☆^^☆

こんにちは、広報担当の兼城です^^

本日は、ノーベルに新保育スタッフが2名加わりましたのでご紹介させていただきます☆

ノーベルでは、安全安心の病児保育を実現するため、
居住地域や喫煙歴の有無などの独自の基準を設けてスタッフの採用を行い、
採用後も座学研修4回、実務研修3回と研修に研修を重ねて体制を構築しております。

頼れるスタッフが増え、少しでも多くの親御さんのお役に立てればと思いますので、
今後とも、ノーベルをよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------☆
2012-04-26 12.53.01
■中島 彩(ナカジマ アヤ)
 
【ひとこと】

はじめまして。中島彩と申します。
大学卒業後、乳児院で3年間勤め結婚を機に退職し家庭に入りました。

しかし、やはり子どもと関わる仕事を続けたいという思いと
色々な現場で経験したいという思いが日に日に大きくなっていき、そんなところにノーベルと出会いました。

乳児院に勤めていた頃、入所やショートステイで
子どもを連れて来られるお母さんの表情がすごくしんどそうで、
「いつ手をあげてしまうかわからない」と、とても悲しそうな姿を見ることが度々ありました。

その度に“大好きな、大事なはずの自分の子どもに対してこんな状態になるまで悩まれてこられたんだ”
と胸が締め付けられる思いでいっぱいでした。

お母さん達がそんな状況になる前に絶対どうにか出来るはずだし、
皆で支え合えば変わっていくことが出来るはずだと思っています。

ノーベルのスタッフとして、まだまだ未熟ではありますが、
一人でも多くの子どもと親御さんが笑顔で過ごせるよう一生懸命頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

-----------------------------------------------------------------------------☆
2012-04-26 12.53.23
■庵原 昭子(イハラ アキコ)

【ひとこと】

こんにちは! 庵原昭子(いはらあきこ)です。

22歳(大学4年)の長男と20歳(大学3年)の長女の母です。
趣味は、テニスをすること、コブクロの曲を聴くこと、本(主に推理小説)を読むことです。

医療事務員として働いていましたが、
子育てと仕事を両立させて頑張っているお母様方を応援したいと考えるようになり、
47歳の時に保育士の資格を取得しました。

3月まで保育園に勤めていましたが、
子どもさんの病気で止むなくお仕事を休まなければならないお母様方の姿を目の当たりにし、
病児保育の必要性をひしひしと感じました。

ノーベルの保育スタッフの一員となれて嬉しいです。
親御さんやお子様の不安な気持ちに寄り添えるよう、誠心誠意尽くします。
女性が子どもを産んでも働き続けられて当たり前の社会になるよう、
会員の皆様と一緒に頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------☆
※引き続き、ノーベルでは保育スタッフを大募集しています。
大阪の病児保育を通じて、働く親御さんとお子さまをサポート
していただける方はぜひ、ご応募ください!!

♪ 保育スタッフ応募・詳細については
コチラをご覧下さい⇒http://nponobel.blog72.fc2.com/blog-entry-344.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

♪ 随時HPにて、ノーベルの最新情報をUPしています。
【HP】http://nponobel.jp
♪ 利用希望者向け説明会に申し込みたい!という方は↓
http://nponobel.jp/setumeikai
♪ 保育スタッフとして働きたい!という方は↓
http://nponobel.jp/ouboform♪ 現在のノーベルのサービスご提供エリアはコチラ↓
大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区
淀川区・港区・鶴見区・浪花区・東成区・阿倍野区・住之江区
西淀川区・東淀川区・大正区・西成区

ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。
ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。