スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育スタッフ全体会議のご報告(3月実施分)

こんにちは、広報担当の兼城です^^

今回は、先日行われました
保育スタッフ向けの全体会議についてご紹介致します。

会議は月に1回のペースで開催されます。
保育スタッフの工夫やノウハウを聞けて本当に勉強になります☆

(以下で、話合った内容を一部紹介致します。)

【ケース会議】
・保育中の出来事を共有し、今後の対応について話し合いました。
・お子さまの成長・現在の様子をスタッフで共有しました。

【嘔吐の対応について】
①用意しておいてもらいたい物・確認したい事
・着替え(多めに)
・ビニール(多めに)
・タオル・雑巾
・洗面器
・手袋とマスク
・塩素系の消毒する物
・汚物の処理場所の確認
②病院への受診が必要な場合の症状
・便に血液や異物が出てきている時
・水分を取れず、唇が乾いてぐったりしている場合→脱水の可能性
・高熱を伴うとき
・腹痛を伴っているとき
・打ったなどの原因があるとき
必ず記録する(嘔吐の回数、時間)
③嘔吐物の処理方法
・衣類は反対に包んで、嘔吐物が広がらないようにする
・嘔吐物をビニール袋に入れて保管(母や医者に確認してもらう)
・保管の時は、できればベランダなど部屋に保管しないように。
・嘔吐物の上に新聞を敷いて、塩素系の消毒液をかけ密封する。

【新聞遊び】
★各、保育スタッフが新聞遊び方法を発表しました。
・丸めてボールを作る
・ビリビリと破って遊ぶ
・紙鉄砲(やわらかく、大き目の紙が小さい子もやりやすい)
・糸とテープでボールと筒状にしたものを作って剣玉を作る
・文字に興味が出てきたら、文字を見つけて切り抜いてクイズ
・色々な形を作りクイズ・・・など

今回も参加していた保育スタッフが非常に真剣で、
親御さまに安心してもらえる保育、
お子さまに寄り添った保育をしようという気持ちが伝わってきて、

非常に大切な時間であると感じました。

今後もこういった形で、安全・安心の病児保育の提供に向けての、
ノーベルの取り組みををご紹介させていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。