スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会が変わる】認定NPO法人と寄付税制、NPO法改正の意義について

少し発信が遅くなりましたが、
認定NPO法人と先日改正された寄付税制、NPO法改正の意義について、
詳しくご案内させていただきます

認定NPO法人を一言でお伝えすると、
『寄付をした人が税制優遇を受けることのできるNPO法人』です。

皆さまがNPO法人へ寄付をした時には、
税制優遇を受けることができず、手元にお金は戻りませんが、
認定NPO法人に寄付した場合は、一定の要件でお金が戻ります。

今回の改正により、個人が認定NPO法人に寄付した場合、
戻ってくるお金が大幅に増えることになりました。

例えば、年収500万、配偶者と3歳の子ども1人の世帯が、
3万円寄付した場合、所得税上、改正前の計算では2,800円お金が戻るのが、
改正後では11,200円お金が戻ることになります。

改正により、皆さまへ戻るお金が増えた分だけ、
実は、政府へ収める税金が減ったことを意味しています。
これは、大きな意味を含んでいて、
「公的なこと」を官(国や自治体)と民(NPO)が行う場合、
皆さまが民(NPO)の担う方に賛同するなら、寄付をすればいいということです。
つまり、税か寄付か、官か民かを選択できる意味合いが強くなったのです。

また、現在、4万強存在するNPO法人の中で認定NPO法人は、
わずか200強と、約0.5%程度しか存在していません。
NPO法人が認定NPO法人になるために満たさないといけない、
認定要件が厳しいため、そういった現状になっています。

今回の改正により、認定要件が緩和され、
NPO法人が認定NPO法人格を取得し易くなりました。
(売上に対して20%の寄付金を集めないといけない要件が、
年度平均100人×3,000円の要件でもよいという内容に緩和されました。)

上記により、今後認定をめざすNPO法人が増え、
寄付が集まりやすくなるため、
多くのNPO法人が活性化する可能性があります

皆さまも、まずは、興味の持てそうなNPOのホームページを閲覧したり、
そのNPOが発行しているメールマガジンに登録するなど行い、
今まで以上に、NPOに関心を持っていただければ幸いです

代表高のブログでも同様の趣旨でブログが更新されていますので、
ご参考ください。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
♪ 随時HPにて、ノーベルの最新情報をUPしています。
 【HP】http://nponobel.jp
♪ フェイスブックでノーベルのページを作成しました。
 皆さまのいいねをお待ちしています↓
 http://facebook.com/nponobel
♪ 利用希望者向け説明会に申し込みたい!という方は↓
 http://nponobel.jp/setumeikai
♪ 保育スタッフとして働きたい!という方は↓
 http://nponobel.jp/ouboform
♪ 現在のノーベルのサービスご提供エリアはコチラ↓
  大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
  旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区
  2011年4月1日より
  淀川区・港区・鶴見区・浪速区・東成区もご提供エリアになります!
ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。