スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【データ紹介】共働き世帯の増加と比例しない仕事と育児の両立のし易さ

こんにちは、広報担当の北村です

本日は、共働き夫婦の世帯が増加していることを示すデータを紹介させていただきます。
以下のグラフを見れば共働き世帯の増加は明らかです。


共働き等世帯数の推移(出所:平成19年度版男女共同参画白書)
subt6_4chart_l.jpg


平均所得の減少、働き方の多様化などを背景として、
現代社会において、共働き世帯が増加することは、避けられないと思います。

ただ、ここで問題なのは、女性の育児と仕事の両立のし易い環境が、
長い間ずっと、整備されていないという事実です。

以前のブログでもご紹介させていただいた、
以下のグラフを見ると、25年近くも、女性が仕事と育児のどちらかを選択せざるを得ない
状況が続いていることが分かります。
(出産後に有職、つまり仕事を続けている女性の割合が1985年以降ほぼ同じ割合)


両立困難データ_convert_20110708170800


ノーベルは、少しずつではありますが、着実に、
女性の仕事と育児の両立を阻む問題の象徴とも言えるべき
病児保育問題について、解決をしていきたいと考えて続けています!

このブログをご覧のみなさまも、
ぜひ、こういったデータを家族や友人の方に、発信し、共有してください。
みなさまの一つ一つの行動が、病児保育問題の認知が広がることにつながり、
仕事と育児の両立可能な社会へ向けて、近づいていくことになり得ます

『子どもを産んでも働き続けられる社会』の実現に向けて、
共に頑張りましょう!!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
♪ 随時HPにて、ノーベルの最新情報をUPしています。
 【HP】http://nponobel.jp
♪フェイスブックでノーベルのページを作成しました。
 皆さまのいいねをお待ちしています↓
 http://facebook.gwbg.ws/hcai
♪ 利用希望者向け説明会に申し込みたい!という方は↓
 http://nponobel.jp/setumeikai
♪ 保育スタッフとして働きたい!という方は↓
 http://nponobel.jp/ouboform
♪ 現在のノーベルのサービスご提供エリアはコチラ↓
  大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
  旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区
  2011年4月1日より
  淀川区・港区・鶴見区・浪速区・東成区もご提供エリアになります!
ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。