スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ノーベル広報スタッフ☆~菅沼の活動日記~】vol.1 家族と一緒にご飯を食べてますか?

こんにちは。
広報スタッフの菅沼です。

早いものでノーベルに来て1ヶ月経ちました。
いろいろと初めての経験ばかりで気付けば
1ヶ月経っていた、という感覚です。

この1ヶ月で生活スタイルも大きく変わりました。
昨日奥さんに言われた一言がそれを象徴しています。

「最近はよく一緒に晩御飯を食べてるね」

うっ、そういえば去年まではほとんど別々に食べてました…
グサッと胸に突き刺さる言葉です。

去年までは通勤に1時間半かかり、
残業もあったのでなかなか同じタイミングで
食べる事はありませんでした。

と通勤と仕事のせいにしてみましたが、
週3、4日くらい飲みに行くような不良生活を
していたのが、一番の要因です…

でも今は金銭的な余裕もなく、毎晩家ご飯です。

そういえば前回のブログではお伝えしていないのですが、
私はノーベルには半年間無給で参加させてもらってます。

ということで今は貯金を切り崩して生活費をねん出するのが
精一杯で、飲み代をねん出することはかなり難しいのです。

昼ごはんも毎日晩御飯の残り物弁当で節約生活しています。
飲み物も事務所にあるし、通勤時間も短いので寄り道もなし。
普段の生活で自分のこづかいを使うことが全くない生活を送ってます。

今振り返ると、去年までの生活ではどれだけのお金が
アルコールに消えていってたか…
そして蓄えられたのは内臓脂肪だけ…
もったいない話です。

と少し脱線しましたが、
「夫婦(家族)でご飯を一緒に食べること」
よく考えれば当たり前の姿ですよね。

やってみて感じたのは、
夫婦の会話も増え、前より夫婦円満になったという事です。

そりゃそーですよね。
前は一緒に生活していても、
帰る時間はバラバラ。
朝起きる時間もバラバラ。
ちゃんと顔を合わせるのは週末くらい。

「長い付き合いだから何でも知ってる」
なんて思ってましたが、
状況や考えはかわるもので、
意外と知らなかったことも多々あったりするもんです

ほんとに今考えるとなんていう生活をしてたんだ、
って我ながら反省してます。

でも現実には共働き家庭で
「家族で一緒に晩御飯を食べられる生活」
を送れている人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか?

少なくとも私が勤めていた今までの会社の中や、
学生時代の友人、知人の中にはほとんどいません。

私も経験がありますが、
仕事が忙しくてなかなか帰れなかったり、
飲みの付き合いを断れなかったり、
なんとなく早く帰りづらい雰囲気だったり

色んな要因があるとおもいます。

「家庭と仕事の両立は難しい」

大半の人が一度はそう感じた事があるのではないでしょうか?

そう感じたひと全員が、社会を変えたい!と思えば
社会は変わると思うんですが…

いきなりは難しいかな、と感じた方はまずは
「家族で晩御飯を食べられる時間に帰る日」
を今までより1日だけでも増やしてみませんか???

何か新しい発見があるかもしれませんよ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

♪ 随時HPにて、ノーベルの最新情報をUPしています。
 【HP】http://nponobel.jp
♪ 利用希望者向け説明会に申し込みたい!という方は↓
 http://nponobel.jp/setumeikai
♪ 保育スタッフとして働きたい!という方は↓
 http://nponobel.jp/ouboform
♪ 現在のノーベルのサービスご提供エリアはコチラ↓
  大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
  旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区

ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。
ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。