スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベルの病児保育マネージャー☆鎌谷の奮闘記vol.5

こんにちは。
保育スタッフの鎌谷です。

今回も保育であった楽しいエピソードを書かせて頂きます!

先日お伺いしたのはもうすぐ4歳になられる男の子。
4歳にもなるとかなり言葉によるコミュニケーションがとれるのでとても楽しいです!

その日は前日からのご予約だったため、予めお母様がお子様に
初めて来るノーベルスタッフのことを話しておいて下さいました。

「ママが帰ってくるまで優しいお姉さんと楽しく遊んで待っててね」
お子様は「うん」と快諾?!してくれたそうです。

ですが・・・
朝、訪問すると私と研修生の顔を見て「嫌だ~!!」と地団駄を踏みながら泣いてお母様に訴えています。

「大丈夫!ママはすぐに帰って来てくれるからね!病院もママも一緒に行ってくれるしね。
まだまだママと一緒やで。」


と言うとお母様がお子様の気持ちを受け止めて下さったこともあり、
徐々に落着いてきました。でもやっぱり私達にはちょっと恥ずかしいのか人見知り。
無理はせず、お母様とのやりとりを側で見守りながら受診に行きました。

病院では怖くて泣いてしまうこともありましたが、よく頑張ってくれました。
お母様も十分褒めて下さり、私達も「すっごいやん!強かった!頑張ったね!」と頑張りを認めていると
お母様と離れる時でも嫌がらずにバイバイできました!

薬局で薬を待っている間にいろんな絵本を読みました。その中に虫の絵本があり、
それがすごくヒットしたようで、「あ!これな、保育園にもおってんで!」
と言いながら色々説明をしてくれます。研修スタッフも保育経験はベテランなので子どもとの
コミュニケーションはばっちり。薬をもらう頃にはすっかり仲良しに♪

帰宅し、昼食を食べた後、お店屋さんごっこをすることになりました。

Aくん 「はい、このお皿はね、パンと~、お魚と~、デザートもついてます!でも、デザートは
     ご飯を食べてからしか食べれませんよ。こっちのお皿には牛乳も入れておきますね~。」


私   「もうお腹ぺこぺこなんで食べてもいいですか?」

Aくん 「あ!!ダメです!やっぱりお皿はこっちへ持って行きます。これがテーブルですよ~。
     こっちで食べて下さい~。」


テーブル(ダンボール箱)を見てみるときちんとスプーンやフォーク、ナイフを準備してくれています。
こんなやりとりをしながら、プレートをかえっこして食べたりしていると、

Aくん 「えーっと、いいこと思いついた!早く食べた人にはこれとこれをプレゼントします!」

ウルトラマンとかいじゅうを見せながら嬉しそうに教えてくれます。

Aくん 「それから、遅かった人にはこっちをあげます!」

違う戦隊物の人形を1体見せながら嬉しそうに教えてくれます。
遅くてもご褒美はくれるようです。

私   「やった~!!!・・・でもな・・・食べんの遅いから難しいな・・・」

悲しい顔をしているとAくんは、すかさず

Aくん  「じゃあ、2人でジャンケンして下さい~。勝った人は2つで、負けた人が1つです。」

私と保育スタッフがお互いに「負けへんで~!!」と言いながら
勢いよくジャンケンをすると私が負けてしまいました。

保育スタッフも子どものように「やった~!!勝った~!!」と本気で喜びます。
私も「きゃ~!!負けた~!!」と言いながら盛り上がっていました。

そして・・・私が、悲しい顔をして、

私    「あ~あ。負けちゃった・・・そっちのおもちゃがよかったな・・・」

と言うと、すぐに、

Aくん  「はい~!やっぱり、負けた人がこれ2つです~!勝った人がこっちです~」

と私たちが持っているおもちゃを交換しました。
私も保育スタッフもびっくり。笑

Aくん  「はい!またジャンケンしてください~。今度は勝った人はこれをあげます~。負けたらこっちです~」

また、勢いよくジャンケンするとまたまた私が負けたので
さっきと同じように

私   「あ~あ。また負けた~。」

と言うと、またすぐに、

Aくん  「はい~!やっぱり、負けた人がこれ2つです~!勝った人がこっちです~」

と私たちが持っているおもちゃを交換しました。

私も保育スタッフも思わず爆笑してしまいました。
その後何度しても私が負け、その度にルールが変更になるので保育スタッフも

「え~!せっかく勝ったのに~。」

とブーイング。すると

Aくん  「え~と・・・じゃあ、これをあげまーす!」

と違うおもちゃをあげていました。

「わぁ!!優しい!!」

素直なAくんは悲しい顔をしている人に喜んでもらおうと必死です。
私達2人は思いやりのある行動に感動しました!!★★

その後楽しく遊びすぎて「眠くない~!」と言っていましたが
保育スタッフのあの手この手で、お子様の気持ちを受け止めながらも
巧みな誘いでお布団に入ってくれ、
絵本を見たり、ももたろうの素話を聞かせながらぐっすりと眠ってくれました☆

お母様は、Aくんが眠っている間に帰宅されたので
私達はバイバイは言えずに帰りました。

すると次の日のアンケートでお母様から

Aくんはとっても楽しかったようでお昼寝から目覚めて保育スタッフがいなかったことが
ショックで泣いてしまいましたという、なんとも嬉しいお声を頂きました♪


私達もすっごく楽しかった保育でした♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

♪ 随時HPにて、ノーベルの最新情報をUPしています。
 【HP】http://nponobel.jp
♪ 利用希望者向け説明会に申し込みたい!という方は↓
 http://nponobel.jp/setumeikai
♪ 保育スタッフとして働きたい!という方は↓
 http://nponobel.jp/ouboform
♪ 現在のノーベルのサービスご提供エリアはコチラ↓
  大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
  旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区

  2011年4月1日より
  淀川区・港区・鶴見区・浪速区・東成区もご提供エリアになります!

ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。
ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。