スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【朗報】ベビーシッタ券利用の門戸が広がりました!!

こんばんは。

ノーベル代表の高亜希です。

本日は保育業界(ベビーシッター業界)にINOVATIONが起きました。

働く親御さんならご存じの、こども未来財団「ベビーシッター券」。
(ベビーシッターを利用する負担を軽減するために国から直接補助されます)

今までは「ベビーシッター券」を利用できるようになるには事業者側が「ベビーシッター協会」に

入会せねばならず、しかもその入会金がうん十万というかなりの高額で定期的に会費も必要でした。

なので、大手のベビーシッター会社しか入会できずだったのです。

そこで、フローレンス代表の駒崎氏がこの無意味な規制を取っ払うために、

内閣府の「規制改革会議」にこの話題を、提起したとのこと。

すると、

09年度から「ベビーシッター券」の運用は「ベビーシッター協会」から外され「こども未来財団」の

所管になり、「こども未来財団」は審査料を払えば、

企業だけでなくNPOでも関係なく審査してくれ、合格すると「ベビーシッター券」の

取り扱いができるようになったそうです!!

これが何を意味するかというと、ベビーシッターを利用する家庭の負担を軽減できるということ。

1日1回1700円分が利用可能です。

審査には資金も実績も必要ですが、

このように特定の組織だけではなく、NPOや多くのベビーシッター会社が利用できることにより

多くの働く親御さんが利用でき、日本の子育て支援も広がっていきますね。

諦めずに言い続けることで社会は変わっていくのですね。

詳しくは、、、
NPO法人フローレンス・代表駒崎弘樹氏のブログにて。。。

申請するには1年の実績が必要とのこと。

ノーベルも1年後には申請できるように頑張ってまいりたいと思います!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: こどもの病気 - ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。