スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

型を身につけて、型を破る

 こんにちは!インターン生の石部です。


 今日のトピックは、情報共有とマニュアルづくりです。

 ノーベルの立ち上げで特に重要視しているのが、「情報共有」です。

事務所の開設や法人登記がまだなので、現在ミーティングでの決定事項を元に、

各自割り振られた仕事(タスク)を仕上げて、ミーティングごとにその進み具合を

チェックするという、在宅ワークのような形で仕事を進めています。

 ここで大事なことが、いかに情報を共有して、効率よく仕事を進められるようにするかです。

そのために特に重要視しているのが、マニュアルやフォーマットなど、「型」を事前に作って、

それをもとに効率を上げていくことです。


 マニュアル化といえば、マニュアル人間のような否定的な意味で捉えられたり、それぞれの

個性を潰すんじゃないかという向きもありますが、むしろマニュアル化こそが、仕事をすばやく覚えて、

その分個性を伸ばせると思います。

「この分野はこの人に聞かないと取り組めない。」という仕事があれば、特定の人に仕事が

集中してしまって、自分にしか出来ない仕事に取り組む時間が減ってしまうことと、何事も最初は、

「型」を覚えて、基礎をしっかり固めていかないと成長しないからです。


なのでマニュアル作りが大事なのです。

「この分野はこういうマニュアルを見て覚えて、そこから創意工夫するんやで!」

というふうに、マニュアルを通じて情報を共有して、そこから仕事を覚えていく方針です。


実際にインターンマニュアルを作る時は、用語集やルールなどをまとめて、インターン生が

仕事を覚えていく上での教科書となることを目指して作ります。

例えば議事録ルールであれば、何のために議事録を書いて、どこに注意して、どういう

書き方をするか、報告はどうするかといったことを、例やフォーマットを出しながらまとめて

いきます。

実際にミーティングをするときは、事前に議題を決めたり、議事録をとる人、ミーティングを

進行させる人を事前に決めて、議題になったもの以外は話さず、時間内にスムーズに進める

ことを心がけています。もちろんそうしたルールもマニュアル化して、インターン生が身につけるべき

“型”の習得に役立たせていきます。



“型を身につけて、型を破る。”

そんなふうにして、自分の個性を出していくことが大事ですね!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: こどもの病気 - ジャンル: 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。